ADEOはどんな支援をしてる?  

・乳牛による継続的な収入創出活動 (大阪コミュニティ財団の助成を受けています)  
・結核患者の発見・追跡を実施する事業 (ケニア保健省主導の政策)  
・HIV啓発プロジェクト APHIAplus (ドナーはUS-AID)

詳しくはこちら! 過去のインターン生の企画・実行した事業を紹介! こちら どんな場所でインターンするの? こちら

インターン生インタビュー

過去のインターン生がどのような動機でインターンへ行き、どんな経験をして、どんなことを感じてきたのか。社会人になってどのようにその経験が活きているのか。これからインターンに参加することを考えている方にとってきっと有益な情報が盛りだくさんですので、是非お読みください!


Y.Oさん(2014年4月~10月、ブシア)

「どうしてADEOだったのか」

ー アデオジャパンの過去の研修生は「困っている人を助けたいとは思ってない」と書いていて印象的だった。話を聞くと、スタッフもケニア人だし、現地の人と密に触れ合えると感じたので、ADEOに行くことにした。(抜粋)

他にも「ケニアに最初に抱いた印象」「研修で感じた開発の難しさ」「研修を通じた自身の変化」など


T.Nさん(2013年9月~12月、ブシア)

「生活で苦労したこと」「旅行会社で働く自分の中で研修がどのように生きているのか」など。


S.Sさん(2010年7月~9月、ダダーブ)

「研修の目的」「難民キャンプでの研修で強く印象に残ってること」など。


インターン生ブログ

インターン生は、インターンの中で感じたこと、気づいたこと、悩みから雑学まで、様々な出来事や感情を、細かく記事にしてブログにしてくれています。それを読めば、よりリアルで、等身大のインターンの様子を伺い知ることができるかもしれません。インターンを考えている方は是非ご一読ください!

M.Oさん:2016年8月〜11月ーブシア

Y.Nさん:2015年10月〜1月ーブシア

Y.Oさん:2014年4月〜10月ーブシア

T.Nさん:2013年9月〜12月ーブシア

M.Mさん:2011年8月~12月ーダダーブ・ナイロビ・ブシア

Sさん:2010年7月~9月

Yさん:2009年8月~1月

Kさん:2008年6月~11月

Bさん:2007年7月~2月

Sさん:2007年8月~10月

Mさん:2006年5月~7月


インターン生の一日

インターン生が実際にどのような一日を過ごしているのかを綴っていただきました。朝起きてから夜寝るまで、具体的な日々のイメージを掴むのに最適です。

ブシアでのインターン生の一日


申し込みフォーム アデオジャパンでの研修に興味をお持ちでしたら、以下の問い合わせフォームからぜひご連絡ください。

問い合わせフォームはこちら

Twitterボタン





Twitterボタン